2番煎じMEMO

「どこかで見たことあるよ」的な内容を中心に  Mac のことなど いろいろ

青いデスクトップピクチャ(壁紙)作りました。(2018年)

今年も青いデスクトップピクチャ(壁紙)作りました。

2018年バージョンです。

f:id:wakabamark_mac:20180202020410j:plain 

 去年に引き続き、今年も「紫」が強すぎる感じなので、自分好みに「青」を強調するように色を調整しました。(意味がわからない方はどうぞ無視して下さい)

 

欲しい方は適当なサイズのものをダウンロードして、リサイズするなりして使って下さい。

(再配布は厳禁です)

 

 

('18/02/16 追記)

デスクトップサイズのものは、「赤なし」バージョンを追加しました。

 

 

 

システムで使うアイコンなどの保存場所

/System/Library/CoreServices/CoreTypes.bundle/Contents/Resources/

ここにデフォルトの「フォルダ」のアイコン、「ゴミ箱」のアイコン、「ホームフォルダ」のアイコンとか、Finder や システムで使うアイコンなどが保存されています。

よく忘れてしまうのでメモ、メモ。

f:id:wakabamark_mac:20170413013010j:plain

 

歴代の MaciPhone のアイコンもここに。

f:id:wakabamark_mac:20170413013129j:plain

 

Finderウインドウのサイドバーのアイコンも。

f:id:wakabamark_mac:20170413013204j:plain

 

なんだか記憶の片隅に昔同じことを書いたような気が・・・

と思ったら書いてました。

わかばマークのMacの備忘録 : いろいろファイルの保存場所のメモ書き

 

 

という訳で、昔の自分に習ってもう少しアイコンの保存場所を付け足しておきます。

 

 

 

/System/Library/Extensions/IOStorageFamily.kext/Contents/Resources/

(外付けディスク、内臓ディスクなど)

f:id:wakabamark_mac:20170413014551j:plain

 

 

 

/System/Library/Extensions/IOSCSIArchitectureModelFamily.kext/Contents/Resources/

(各種メディアのアイコン)

f:id:wakabamark_mac:20170413014730j:plain

 

 

 

Quicksilver でパスのテキストを選択すると・・・

Quicksilver の小ネタです。

 

下のようなファイルのパスの「テキスト」が表示されているとします。

/System/Library/CoreServices/Finder.app

このようなテキストのパスを選択して ⌘command+esc を押して Quicksilver にピックアップします(サービス経由)。

f:id:wakabamark_mac:20170412013327j:plain

すると、選択した「テキスト」のパスが、Quicksilver 上では実際の「ファイル」として扱われます。

 

不可視ファイルのパスでやっても、同じようにできます。

f:id:wakabamark_mac:20170412014552j:plain

 

もし、存在しないファイルのパスのテキストを選択すると、Quicksilver 上では「テキスト」として扱われます。

f:id:wakabamark_mac:20170412015548j:plain

 

なので、テキストのパスを Quicksilver で選択してやれば、そのファイルが(その場所に)実際に存在するのかどうか確認に使えます。