読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二番煎じメモ

「どこかで見たことあるよ」的な内容を中心に  Mac のことなど いろいろ

Gatekeeper によって開かないアプリケーションを開く

Mac

先日OSをクリーンインストールし、現在は新しい作業環境をぼちぼち構築しているとこです。今度の環境では使うアプリケーションを少し減らしていこうと思い、Gatekeeper の設定で

Mac App Store と確認済みの開発元からのアプリケーションを許可

にしてみました。

f:id:wakabamark_mac:20170214015422j:plain

(以前は気にもすることなく、当然のように「すべてのアプリケーションを許可」にしてましたが・・・ macOS Sierra ではこの項目すら無いようで)

 

当然ながら Developer ID の署名がされてないアプリケーションが起動できないわけで、ググってみると Apple Support のページからコンテキストメニューから「開く」だけでOKと知りました。(´・∀・`)ヘェー

 

f:id:wakabamark_mac:20170214023000j:plain

 

↓この確認ダイアログで「開く」を実行すると、管理者パスワード入力を経て、アプリケーションが無事開くことができます。次からは確認なしで開きます。

f:id:wakabamark_mac:20170214023220j:plain

(´・∀・`) ナン〜ンダ

こんな簡単なことなら以前から Gatekeeper を有効にしておけばよかったです。

 (macOS Sierra でも同様に、コンテキストメニューから開くことによって、個別のアプリケーションやパッケージファイルなどを開くかどうか選択できるらしい。)

 

いろいろググってたら、spctlコマンドを使って Gatekeeper を有効無効にしたりできるらしいです。

XCode 7.2 日本語化計画 アプリ 開発ガイド

Gatekeeperの機能が強化されたmacOS 10.12 Sierraで未署名のアプリを起動する方法。 | AAPL Ch.

 

その他参考

Developer ID and Gatekeeper - Apple Developer

man spctl